1. ホーム
  2. ブログ
  3. 自宅でも出来る歯を白くする方法のご案内

自宅でも出来る歯を白くする方法のご案内

寝屋川市のみなさま、今回は

歯を白くする方法についてcanstockphoto15945609

歯の表面についた汚れによる色素沈着は、ハミガキ剤を使った正しい歯みがきで予防できます。それでも着色が気になる場合、歯科医師や歯科衛生士による処置で、本来の歯の色に戻したり、元の色より白くすることが可能でいくつかの方法がありますが、自分に適した方法は着色の原因により違ってきます。タバコやコーヒーなど、嗜好品による着色汚れ(ステイン)であれば「クリーニング」。加齢や薬などの影響で歯の内部が変色した場合や、軽い黄ばみ程度でしたら、「ホワイトニング」。著しい変色には「ラミネートべニア」が適しています。方法により価格が異なります。

歯を白くする方法

クリーニング
歯のクリーニングとは、歯科医師や衛生士によって、歯の表面にこびりついた汚れや、歯と歯茎の間に溜まっている歯垢(プラーク)を専用の機械や器具で取り除く治療法です。スケーリングとも言います。
歯周ポケットに入り込んだ歯垢・歯石を除去する「スケーリング」、タバコのヤニやコーヒー、紅茶による着色汚れ(ステイン)をはね飛ばす「エアブロー」、歯の表裏、間をみがく「ポリッシング」で、本来のきれいな歯面や歯の白さを取り戻します。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

歯科衛生士が特別な機器を使ってプロならではの歯のクリーニング行うことで、普段の歯磨きケアでは取り除くことのできない頑固な歯の汚れを取り除きます。 PMTCには、歯の汚れを取り除き、きれいな歯を保つだけでなく、その結果として虫歯や歯周病を予防にも繋がります。

ホワイトニング
アメリカでは、ホワイトニングはコスメ(化粧)と同じで個人が気軽に行えますが日本では歯科医師の指導の基で行う医療行為です。
ホワイトニングは、化粧と同じでやれば効果が確実にでますが、止めればしばらくすると元に戻ってしまいます。
薬品を使った歯の漂白。自分の本来の歯よりも、白く美しい歯になります。加齢によって歯が黄ばんできた人、神経を抜いた歯が黒ずんできた人、また、コーヒーや紅茶の色素が歯の内部に沈着してしまった人向けの方法です。ホームホワイトニングは自宅で行える方法です。

詳しくは、ホワイトニングのページをご覧くださいね

こちらの記事もご覧ください

ラミネートベニアshutterstock_53584933
歯の表面を薄く削り、セラミックス素材を用いた非常に薄いシェル(つけ爪のようなもの)を、特殊な樹脂系セメントで接着する歯の修復法です。ホワイトニングで白くできない変色歯も、本物の歯とほとんど見分けがつかないほど自然に白く、透明感のある歯に仕上がります。ほかと比べて値段も高く、メンテナンスも必要です。
歯の色、形、大きさ、歯並び、歯のすきまを改善したい場合、つまり、審美的回復に有効な治療法です。

この記事が書かれた日:2015年07月21日

カテゴリ:ホワイトニング, クリーニング, ラミネートべニア

このページの上へ