1. ホーム
  2. ブログ
  3. 寝屋川の皆様へ むし歯治療 3Mix法のご案内

寝屋川の皆様へ むし歯治療 3Mix法のご案内

これまでの歯科治療では、むし歯菌に犯されたむし歯部分はすべて取り除く事が原則です。konpojitto
しかし、むし歯の進行が深い場合では、むし歯部分をすべて取ると神経(歯髄)が露出してしまう場合が有ります。
この場合神経を保存させる為に、むし歯を残したまま三種混合抗菌剤(3Mix法)を貼布する方法が有ります。

一般にう蝕の治療においては細菌に侵され変色した組織をタービンドリル等で完全に切削し、樹脂などを使って該当部分を修復する方法が用いられます。
しかし、切削のみでは歯質内の細菌を完全に除去できないという議論も有り、感染した歯質が残存すると、歯髄炎などを引き起こす可能性も有ります。
また、う蝕が象牙質に及ぶと、内部の象牙細管を通して痛みが伝わり、この部分を削る場合は麻酔が必要となります。
う蝕がさらに深く歯髄に及ぶ場合、歯髄を除去して根管内を消毒する必要が有り、このような処置にも麻酔が必要となる場合が多く、全身疾患を抱える高齢者の患者様では、治療上問題となる場合が有ります。

この様な問題を解消する為に、なるべく歯を削らずにう蝕を引き起こす細菌を殺菌し、歯髄の持つ本来の自己回復能力を生かした治療法が考案されました。
むし歯菌に感染していても生きている象牙質を削らずに残すため麻酔を行う事は有りません。
また、ある程度進行したう蝕でも歯髄を保存できる場合も有ります。切削する範囲をエナメル質と細菌に侵されて壊死した象牙質のみに留めれば、麻酔を行わない治療も可能です。
ただし、無菌処置を行っても失われたエナメル質や象牙質がう蝕の前の状態に戻る訳ではないので、あくまで暫間的な保存方法であり、最終処置としては従来どおりの樹脂等による充填が必要です。
また、全ての症例に適応出来いので、厳密に判断していくと症例も絞られます。
さらに、この方法は保険適用外であり、一般的な治療法としては容認されていません。

この記事が書かれた日:2015年11月09日

カテゴリ:むし歯について, 3Mix法

このページの上へ